プロフィール
ミニチュアピンシャーの「るん」です
犬種:ミニチュアピンシャー
毛色:チョコタン
性別:女の子♀です
誕生日:2006年8月4日
特技:歌うこと?変身!?
好きな物:アキレス豚耳
嫌いな事:しつけられること
ランキング参加中ですぅ
1ポチしてもらうたびに
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
るんと一緒に小躍りしてます〜♪
つぶやいてます
ぼやきかも(^^;
Powered by るんChaチャ!
カテゴリー
最近のコメント
過去記事一覧
盲導犬サポート
里親探し
更新情報はRSSから
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
飼育初心者必見!パピー教室体験記〜その5〜
その1へ その2へ その3へ その4へ

b.リーダーウォーク
飼い主の主導で散歩する(リーダーウォークについて教えてもらいました。

「オスワリ」、「フセ」、「マテ」については、さらっと流され、リーダーウォークについて紹介されました。

うちのるんがそうなのですが、散歩に行くとうれしいのか自分の世界に入ってしまい、綱をグイグイ引っ張ってしまって、なかなかゆっくりと散歩させてくれません。

これを克服するための訓練が次の2つです。

仝い陵僅任鬟灰鵐肇蹇璽襪垢襦
 綱を短く持ち、アイコンタクトをとりながら飼い主に注目させます。
 歩き始めてからも、手に持ったおやつなどを見せたり定期的に与えたりして、飼い主に注目させながら歩かせます。
 やはり基本はアイコンタクト!「飼い主を見ていればいいことがある」と思わせるのがコツなようです。

引っ張っては散歩できないことを教える!
 犬が先に行こうとしたら、止まって方向転換して反対方向に歩きます。
 この際に、目を合わせないようにするのがコツなようです。

5.気をつけたいこと
しつけの上で大事なのは、自分が飼い主より下である、飼い主がリーダーであるということを認識させることです。しかし、日ごろ何気なくやっている事が犬に自分が飼い主より上であるという誤解をさせてしまう場合があるようです。

気をつけることとして、以下のようなものが挙げられていました。
/事は飼い主が先に取る
 相撲部屋ではないですがたらーっ、犬から先にエサをあげてしまうと犬が飼い主よりも格上と認識してしまうようです。
一緒に寝ない
 お腹を上にして寝ると、犬は自分に服従していると判断してしまうようです。
M靴咾六瑤ぜ腓主導権を握る
 おもちゃも犬の自由にさせるのではなく、遊ぶ時に飼い主が与えるというようにしたほうが良いようです。遊ぶ時も飼い主の許可がいるといったところでしょうか。
じ軸悗簗腓覆鋲り口の出入りは飼い主が先に行う
 これも 銑と考え方は同じです。

6.Q&A
 「5.気をつけたいこと」で、お開きになりましたが、その後、講師の方に質問したい方は質問していました。
うちの場合はやはり、食糞!
悩んでるのはうちだけかと思いきや、何と既に3名ほど講師の方に止めさせる方法について聞いていました。
今まで飼育本などで見た対策、
 ・フンをしたらすぐにシートを交換する
 ・フンパラをフンにかける
 ・ドッグフードを変える
 ・エサの1日の量は変えずに、回数、時間を変えてみる
等など挙げられました。

残念ながら、即効性のある対策はないようです。
それ以外では、散歩の時間を増やしたりスキンシップの時間を増やすなどして、犬がフンに興味を持たせないようにするということも言われてました。
ストレスから来ることもあるようで、ある時期、急にしなくなる事もあるようです。

【まとめ】
しつけで大事なのは、
 「飼い主が犬より上であることを日ごろから教えこむこと」
 「アイコンタクト」 
の2つに集約できると感じました。
また、いろいろな犬を見ることにより自分の犬の性格などもわかり非常にいい経験をすることができました。

今回は「パピー(子犬)教室」でしたが、何と今度は無料の「犬のしつけ教室」が抽選で当たり、参加できることになりました。
またしつけのコツについて、新しい情報を仕入れて報告したいと思います。


その1へ その2へ その3へ その4へ
飼育に関する本はこちら

人気blogランキングにほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ↑↑↑↑ ポチのたびに、るんと一緒に小躍りしてます〜
 ♪ ┌|≧∇≦|┘♪└(=^‥^=)┐♪


初めて犬を飼う方におすすめの、犬の情報雑誌です。
 ↓
いぬのきもち

楽天市場



JUGEMテーマ:しつけ
| しつけ>子犬教室 | 22:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
飼育初心者必見!パピー教室体験記〜その4〜
その1へ その2へ その3へ その5へ

(2)服従訓練
「アイコンタクト」、「オスワリ」、「フセ」、「マテ」が基本!
このうち、3つ以上できれば一応、基本はできているとのことでした。

この中で最も重要なのがアイコンタクト
アイコンタクトができれば、他のコマンドはすんなりと覚えてしまうということで、アイコンタクト中心に教えてもらいました。

a.アイコンタクト
 「オスワリ」、「フセ」、「マテ」ができても、目が合わない犬が多いようです。
 るんもそのうちの1匹です。ひやひや
 訓練の仕方としては、まず、お気に入りのエサを用意します。食欲のある犬ならば、いつも食べているドッグフードでもOKです。
 それを、一粒、小指の先ぐらいでいいので指でつまみます。
 犬の目線とエサの延長線上に飼い主の目が来るようにして持ち、少しでも目があったらすかさずエサをあげて大げさに褒めてあげます。

 この、少しでも目があったらすぐにあげるというのがコツで、目を合わせたいからと言って、エサを持っている指をふらふらさせるのもNGなようです。

 このトレーニングにより、飼い主と目が合えば何かいいことがある、と犬が考えるようになり、飼い主の目をよく見て、よく言うことを聞くおりこうさんになるようです。

 模範演技をしてくれたワンちゃん、確かに、ずっと先生の顔を見て指示に従ってました。この姿を見せ付けられ、アイコンタクトの重要さを実感しました。

 現在、るんもアイコンタクト訓練中!
 朝、晩、エサをあげる時と散歩の時に数回行っています。その成果もあってか?少し目が合うようになってきたような気がします。


その1へ その2へ その3へ その5へ

人気blogランキングにほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ↑↑↑↑ ポチのたびに、るんと一緒に小躍りしてます〜
 ♪ ┌|≧∇≦|┘♪└(=^‥^=)┐♪


初めて犬を飼う方におすすめの、犬の情報雑誌です。
 ↓
いぬのきもち

楽天市場



JUGEMテーマ:しつけ
| しつけ>子犬教室 | 22:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
飼育初心者必見!パピー教室体験記〜その3〜
その1へ その2へ その4へ
4.飼主が良いリーダーであるために毎日行うこと

しつけの基本はスキンシップと服従訓練

犬は自分のいるグループの中で格付けを行い、その中でリーダーと判断した人や動物に服従する習性があるようです。
そのため、以下に紹介するスキンシップ服従訓練を毎日行うことで、愛犬との信頼関係を高めることがしつけをする上で重要ということです。


(1)スキンシップ
日ごろのブラッシングや耳、歯の手入れなどもスキンシップになりますが、飼い主がリーダーであることを認識させるために、次の3つは有効だそうです。

a.マズルコントロール
犬にとって、口の自由が利かなくなるのは命にかかわること。それを奪うことで、飼い主が自分より上であるという事を覚えさせるものです。

ここで、注意ですが、抵抗しても絶対に離さないこと!
離してしまうと、抵抗すれば言うことを利いてもらえると思い込み、逆効果になってしまいます。
おとなしくなったら、ゆっくり手を離します。

日本犬は、マズルコントロールを含め、次から紹介する他のスキンシップについても非常に嫌がる傾向が強いようです。一緒に参加していた柴犬くんは歯をむき出しにして抵抗していました。
しかし、これを放って置くと、飼い主に対しても噛む犬になる可能性があるとの事した。かわいそうだけれど、押さえつけてでも、毎日行わないとだめだとの事でした。

b.アタッチメント
動物にとって、お腹を見せることは服従のポーズであると言われています。それに加え、いろいろな所をさわられる事は全く無防備な状態になる訳で、さわられる相手を信頼し、服従しているからこそできる行為です。
子供が犬に急にさわって、驚いた犬が噛んでしまったりする事故はアタッチメントを行うことで予防することができるようです。


c.ホールドスチール
後ろから手、足をおさえつけて、身動きの取れない状態にします。
これも、飼い主にはかなわない事を体で覚えさせる訓練です。

大型犬の場合は、上から乗って羽交い絞め?にしてもいいようです。
というか、それしかできないですよねたらーっ

その1へ その2へ その4へ

人気blogランキングにほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ↑↑↑↑ ポチのたびに、るんと一緒に小躍りしてます〜
 ♪ ┌|≧∇≦|┘♪└(=^‥^=)┐♪


初めて犬を飼う方におすすめの、犬の情報雑誌です。
 ↓
いぬのきもち

楽天市場



JUGEMテーマ:しつけ
| しつけ>子犬教室 | 21:44 | comments(3) | trackbacks(1) |
飼育初心者必見!パピー教室体験記〜その2〜
その1へ その3へ
2.他の人とのふれあい

知らない人になでてもらう。
犬との交流と同様に、生後6ヶ月ぐらいまでに知らない人に会ったり、なでてもらい人見知りしないようにする事により、吠えたり噛んだりしない性格にすることができるようです。

なでてもらう
この場面でも犬それぞれ性格が違うことがわかり、おもしろかったです。
となりにいた、トイプードルくんは自分から近づいてきて私の手をペロペロ。
うちのるんはというと、おいでと言っても来ずに、見知らぬ人に興味津々!

はめ外し過ぎ
ちょっとこれははめ外し過ぎ!
どさくさまぎれに、講師の方の腰の袋からしつけ用のおやつをこっそりいただいちゃってます。冷や汗

3.愛犬の性格チェック
性格によって、しつけや愛犬との接し方も変えていく必要があるようです。

(1)「1.他の犬とのふれあい」の様子を見て、消極的・興味なし:0点〜積極的・好奇心旺盛5点の間で採点します。

(2)同様に、「2.他の人とのふれあい」の様子を見て、消極的・興味なし:0点〜積極的・好奇心旺盛5点の間で採点します。

(3)(1)と(2)を合計します。
 々膩廝魁腺瓦両豺
 ちょっとおとなしめの性格で、相手をよく見て行動するタイプなので、理解力が高くいちばんしつけがしやすいようです。飼い主との関係も良好という事です。

 合計が0に近い場合
 マイペースでおっとり、少し臆病な傾向があるようです。
 しつけについては、頭ごなしにしかったりすると逆効果で萎縮してしまったり、飼い主を怖がったりしてしまう場合があるようなので、しかる、ほめるにメリハリをつけることが大事なようです。

 合計が10に近い場合
 何にでも好奇心旺盛な反面、自己主張が強く、甘やかすと自分がリーダーになろうとするタイプなようです。(ミニチュアピンシャーはこの傾向が強いようです。)
 したがって、他のタイプ以上にしっかりと厳しくしつけする必要があるようです。逆に、ひとたび飼い主との主従関係が確立すると好奇心があるので、どのタイプよりも何でも覚えるおりこう犬にすることができるようです。

ちなみに、るんですが、10点満点でした。たらーっ
やはり、しっかりしつけなくては。。。

人気blogランキング←よろしければクリックお願い致します

その1へ その3へ

人気blogランキングにほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ↑↑↑↑ ポチのたびに、るんと一緒に小躍りしてます〜
 ♪ ┌|≧∇≦|┘♪└(=^‥^=)┐♪


初めて犬を飼う方におすすめの、犬の情報雑誌です。
 ↓
いぬのきもち

楽天市場



JUGEMテーマ:しつけ
| しつけ>子犬教室 | 14:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
飼育初心者必見!パピー教室体験記〜その1〜
パピー(子犬)教室に行ってきました。
その時の体験記を5回に分けて、動画を交えて報告していきます。


【はじめに】
私の参加した教室は、市の動物愛護センターが無料で定期的に公開しているものです。
今回、参加してみてしつけの基本であるアイコンタクトの仕方が非常に勉強になりました。
有料のしつけ教室を利用する前に、まずお近くの自治体の動物愛護センターのしつけ教室に参加されるのもいいかと思います。


【当日の持ち物】
  筆記用具、ワクチン証明書(ジステンパー、パルボなど)、鑑札、
  狂犬病予防注射済票、首輪、リード、しつけ用おやつ・おもちゃ
   ※鑑札、狂犬病予防注射済票については3月、4月が更改の時期の為、
    動物病院でワクチン接種の際に獣医さんに聞くと、3月、4月を
    待ってからでもいいと言われるところも多く、参加犬(15頭前後)
    のうち、半分ぐらいがまだということでした。うちのるんも同様
    でしたが、ワクチンは接種済みなので、参加することができました。

【参加犬】
トイプードル、ミニチュアダックス、キャバリア、柴犬、バニーズマウンテンドッグ、他、小型犬から大型犬まで15頭前後

【プログラム】
1.他の犬とのふれあい
2.他の人とのふれあい
3.愛犬の性格チェック
4.飼主が良いリーダーであるために毎日行うこと
(1)スキンシップ
(2)服従訓練
5.気をつけたいこと
6.Q&A


以後、1〜6の順に紹介していきます。


1.他の犬とのふれあい
しつけをする上で、大事なのは、まず1つめに他の犬とのふれあいということでした。
他の犬と交流することにより、社会性を身につけることで、しつけしやすい犬に育てることができるようです。
ペットショップでは、母親や兄弟と早く引き離される事が多く、犬の間での上下関係や噛み方の手加減などを学ばずに飼い主のもとに来る子犬が多いため、このような交流が大事だということでした。

(1)リードをつけて他の犬との交流
 犬が雰囲気に慣れるまで、リードをつけて交流を図りました。
リードをつけて交流

(2)リードをはずして自由に交流
 犬が慣れてたところで、犬同士が自由に交流。この時になると、飼い主のもとでじっとしている犬、自由に走りまわり他の犬に遊びを誘う犬(うちのるんですが(^^;)など、犬それぞれ性格がいろいろであることがよくわかってきます。
リードなしで交流

(3)おとなしい犬と活発な犬との交流
 性格がだいたいわかったところで、おとなしい犬と活発な犬(うちのるんが選ばれました(^^;))を隔離したサークルで一緒にさせました。

他の犬をおいかけまわするんの姿に飼い主の私はヒヤヒヤするばかりでした。。冷や汗


その2へ

人気blogランキングにほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ↑↑↑↑ ポチのたびに、るんと一緒に小躍りしてます〜
 ♪ ┌|≧∇≦|┘♪└(=^‥^=)┐♪


初めて犬を飼う方におすすめの、犬の情報雑誌です。
 ↓
いぬのきもち

楽天市場



JUGEMテーマ:しつけ
| しつけ>子犬教室 | 10:38 | comments(4) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |