プロフィール
ミニチュアピンシャーの「るん」です
犬種:ミニチュアピンシャー
毛色:チョコタン
性別:女の子♀です
誕生日:2006年8月4日
特技:歌うこと?変身!?
好きな物:アキレス豚耳
嫌いな事:しつけられること
ランキング参加中ですぅ
1ポチしてもらうたびに
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
るんと一緒に小躍りしてます〜♪
つぶやいてます
ぼやきかも(^^;
Powered by るんChaチャ!
カテゴリー
最近のコメント
過去記事一覧
盲導犬サポート
里親探し
更新情報はRSSから
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
予防接種の記録
ミニチュアピンシャーるんの予防接種の記録です。

接種時期
(生後)
ワクチンの種類とワクチン名
(対象となる病気)
費用(円)
1ヶ月半 不明(飼う前にペットショップで接種済みだった為)
2ヶ月半 5,000
3ヶ月半 5,000
4ヶ月半 2,000
8ヶ月半
  • 狂犬病
  • 6,300
    ※鑑札代も含む  
    1歳8ヶ月 5,000
    1歳8ヶ月
    (以後、毎年4月接種予定)
  • 狂犬病
  • 3,300
    ※鑑札更新代も含む  
    毎年4月検査し、異常がなければ6月〜12月に投薬 検査 1,000
    予防薬 3,600  


    病名症状等
    犬ジステンパー 犬の代表的なウィルス性の病気で、昔から知られている伝染病。感染率、死亡率が高く、子犬の発症率が高いようです。最初に高熱、目やに鼻水の症状が出て、その後に運動障害、脳障害などの症状が現れるようです。
    犬伝染性喉頭気管炎 他のウィルスとの合併症により症状が悪化し、死亡率が高くなる呼吸器系の伝染病。初期に気管支炎を起こし、悪化すると肺炎を引きおこすようです。
    犬パルボウィルス感染症 激しい嘔吐と下痢の症状。伝染力が強く、しかも病状が急激に悪化して死亡率の高い感染症。
    犬伝染性肝炎 子犬の時期に発生し、突然死に至る病気。発熱や下痢、嘔吐などの症状があるようです。
    パラインフルエンザ 子犬の時期に発生する呼吸器系の病気。他のウィルスとの合併感染により症状が重くなる病気。この病気だけで死亡する可能性は低いようです。
    犬コロナウィルス感染症 ウィルス性の病気で、下痢や胃腸炎の症状があるものの、多くは回復するようです。
    犬レプトスピラ病 ねずみが媒体になる病気で、症状が悪化すると尿毒症となり、その後、数日で死に至ることもあるそうです。人にも感染する可能性がある為、フンなどに直接さわらないようにしたり、犬が使用した食器などの消毒をして、二次感染を防止する必要もあるようです。
    狂犬病 狂犬病ウィルスによる人と動物共通の感染症。主に、感染した犬などに噛まれることにより感染するようです。人が発症した場合は、今のところ有効な治療法がないため、ほぼ100%死亡するという、非常に怖い病気です。
    フィラリア 蚊の介在によって犬糸状虫(フィラリア)が心臓や肺動脈に寄生することでおこる病気です。進行すると、呼吸が荒くなり散歩途中で突然失神したり、せきや血尿などの症状が出ます。死亡率は非常に高いです。ちなみに、人間に寄生するフィラリア(バンクロフト糸状虫)もあり、西郷隆盛が流刑の際に患ったことで有名です。
    成長の記録はこちら

    人気blogランキング←よろしければクリックお願い致します

    どうぶつ健保の決定版⇒「アニコムのどうぶつ健保」

    〜るんchaチャ!ミニチュアピンシャーるんとの暮らしをブログで綴ってます〜

    JUGEMテーマ:成長の記録
    | 健康>予防接種の記録 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | 1/1PAGES |